予防接種について

母親からもらった免疫はお子様の成長とともに減弱していき、生後12ヶ月を過ぎると病気にかかりやすい状況となります。
このように免疫が減弱してもお子様が病気にかからないよう、またかかっても症状がひどくならないように、予防接種(ワクチン(※)接種)は実施されます。

現在は多くの予防接種があり、「どれを接種したらよいのか」と戸惑われる方も少なくないと思います。予防接種の"スケジュール管理"は、保護者の方だけでは少々難しいので、遠慮無くご相談ください。
※ワクチン:感染症の原因となる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらの毒素を無毒化したもので、これを注入することによって体内に抗体を作らせ、以後感染症にかかりにくくする。

当院では、以下のワクチン接種を行います。定期接種で行われるワクチンは、区で発行している「予防接種予診票」をお持ちくだされば、ワクチンが無料で受けられます。
定期接種で行われるワクチンには含まれないワクチン(任意接種)は、有料です。 (以下に示したもの以外でA型肝炎ワクチンなど希望されるものがあれば、ご相談ください。)

ワクチン接種の目安となる時期

乳児期早期から始まるワクチンは、開始前に予定を立てましょう。

生後1か月ごろ
予定を立てますので、連絡ください。
生後2か月以後
ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン:定期接種
ロタウイルスワクチン、HBワクチン:任意接種
3か月以後
4種混合ワクチンDPT-IPV(3回):定期接種
5か月以後
BCG:定期接種
1歳以後
MR、水痘、ヒブワクチン(1年後追加)、肺炎球菌ワクチン(1年後追加)、4種混合(追加):定期接種
おたふくかぜ:任意接種
3歳以後
日本脳炎:定期接種
4歳以後
日本脳炎(追加):定期接種
5歳以上
MR(2期)
9歳以上
日本脳炎(2期)
11歳以上
2種混合DT
インフルエンザワクチン
毎年、10月以降に接種が行われています。

定期接種

予防接種法で、接種について努力義務が規定されたワクチンです。接種費用については、接種対象年齢の範囲であれば(法定接種期間内)、公費で負担されます(法定期間内に接種できなかった場合は、自費での接種となります)。

任意接種

定期接種以外の予防接種ですが、病気を防ぐためには大事な予防接種です。費用は自費になりますが、お受けになるよう、お勧めいたします。料金等については、予約時にご確認ください。

接種日

月、火、水、金:14~16時

※すべて予約制です。
※事前に電話で相談してください。
 TEL:03-3232-8155

ご持参いただくもの

  • 母子健康手帳
  • 予診表
  • 健康保険証
  • 診察券
  • 福祉医療費受給者券(乳児医療券)

※事前に予約が必要です。お電話、もしくはご来院時に予約をお取りください。
※お付添いは原則、保護者の方にお願いいたします。
※予防接種は、お子様の体調が良い時に受けさせましょう。

生後2か月未満のお子様

まず、ご相談ください。
普通は、生後1か月健診はお生まれになった医療機関で受けることが多いです。生後2か月から様々なワクチン接種が始まりますが、その前に相談していただき、これから予定通りにワクチン接種を受けられるか、どのような予定で行うかなどを相談いたします。
お生まれになった医療機関で1か月健診を受けられた後に、当院でワクチン接種を希望される方は、ご相談ください。1か月健診も可能です。

すでにワクチン接種を始められていて続きの接種を希望される方

希望されるワクチンの内容など相談ください。